コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰趨 キスウ

デジタル大辞泉の解説

き‐すう【帰×趨】

[名](スル)物事が最終的に落ち着くこと。行き着くところ。帰趣。「勝敗の帰趨を見とどける」「人心の帰趨するところを知らない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きすう【帰趨】

( 名 ) スル
帰着すること。ゆきつくところ。帰趣。 「勝敗の-は予断を許さない」 「混沌として-するところを知らない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

帰趨の関連キーワードハイテク・マーケティングアイゴスポタモイの戦ブレスト(フランス)ライプツィヒの戦いペロポネソス戦争イッソスの戦いインドシナ戦争サラミスの海戦ベルダンの戦いメッツの戦い藤原 銀次郎シェルブールジル・ド・レ関ヶ原の戦い禅譲・放伐帰趣・帰趨対仏大同盟ザマの戦い戦略攻撃プレブス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰趨の関連情報