帰趨(読み)キスウ

デジタル大辞泉の解説

き‐すう【帰×趨】

[名](スル)物事が最終的に落ち着くこと。行き着くところ。帰趣。「勝敗の帰趨を見とどける」「人心の帰趨するところを知らない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐すう【帰趨】

〘名〙 おちつくところ。ゆきつくところ。帰趣。帰結。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉四八「人生に目的ありや、帰趨(キスウ)ありや」
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「サイパンの島内戦闘も概ねその帰趨(キスウ)が明らかとなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報