(読み)キ

  • き・す
  • き・する
  • 帰〔歸〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[音](呉)(漢) [訓]かえる かえす
学習漢字]2年
もとの所に戻る。かえる。「帰還帰京帰国帰宅帰路回帰不帰復帰
しかるべき所に落ち着く。「帰順帰趨(きすう)帰属帰着帰納
[名のり]もと・より
[難読]帰去来(かえりなんいざ)不如帰(ほととぎす)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 かえること。もとの位置にもどること。あるべきところへおさまること。
※随筆・山中人饒舌(1813)上「同時有馬孟熙者。名文圭。号寒巖。良子也。与谷斉名。亦以院体帰」
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉冬「帰を思ふ我もそば刈る夕哉」 〔史記‐李斯伝〕
[1] 〘自サ変〙 き・す 〘自サ変〙
① 結局ある一つのところに落ち着く。最後にはそこへ寄り集まってくる。帰着する。
※和漢朗詠(1018頃)下「往事渺茫(べうばう)として都(すべ)て夢に似たり、旧遊零落して半ば泉に帰す〈白居易〉」
※日葡辞書(1603‐04)「ダウリワ コレニ qixita(キシタ)
② 帰服する。心を寄せる。従う。
※九冊本宝物集(1179頃)一「五百将軍是に帰して、〈略〉終に般舎羅王に随ふ事を云なり」
③ 帰依する。信仰する。
※九冊本宝物集(1179頃)四「魏文帝、梁武王、つひには仏法に帰したまふ」
[2] 〘他サ変〙 き・す 〘他サ変〙 罪などをある物や人のせいにする。負わす。かこつける。なすりつける。
※太平記(14C後)二四「天下の罪を身に帰(キ)して、己(おのれ)を責むる心を弁(わきま)へざりけるにや」
〘自他サ変〙 ⇒きする(帰)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰の関連情報