帰養(読み)きよう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐よう ‥ヤウ【帰養】

〘名〙
① 故郷に帰って休養すること。
※惺窩先生文集(1717頃)三・聞太夫人訃「帰養計遅情已空、参商千里隔西東」 〔後漢書‐劉愷伝〕
② 故郷に帰って父母をやしなうこと。〔史記‐信陵君伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android