コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常ならず ツネナラズ

デジタル大辞泉の解説

つね‐なら◦ず【常ならず】

[連語]
一定しない。無常である。
「飛鳥川の淵瀬―◦ぬ世にしあれば」〈徒然・二五〉
普通ではない。いつもと違っている。
「殊に母がなげきも―◦ず」〈浮・武家義理・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つねならず【常ならず】

( 連語 )
一定でない。無常だ。変わりやすい。 「飛鳥川の淵瀬-・ぬ世にしあれば/徒然 25
いつもと違っている。ふだんのとおりでない。 「大地震ないふること侍りき。そのさま、よの-・ず/方丈記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

常ならずの関連キーワード巡り・回り・廻り中野村正覚坊飛鳥川方丈記生祠塩法向背心掟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android