常ならず(読み)ツネナラズ

  • つね
  • つねなら◦ず
  • ならず

デジタル大辞泉の解説

[連語]
一定しない。無常である。
「飛鳥川の淵瀬―◦ぬ世にしあれば」〈徒然・二五〉
普通ではない。いつもと違っている。
「殊に母がなげきも―◦ず」〈浮・武家義理・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① (多く、連体形「つねならぬ」の形で) 永遠不変でない。無常である。
※万葉(8C後)七・一三四五「常不(つねならぬ)人国山の秋津野のかきつはたをし夢に見しかも」
② ふつうと違っている。なみたいていではない。
※浮世草子・武家義理物語(1688)一「殊に母がなげきも常(ツネ)ならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常ならずの関連情報