コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常ならず ツネナラズ

デジタル大辞泉の解説

つね‐なら◦ず【常ならず】

[連語]
一定しない。無常である。
「飛鳥川の淵瀬―◦ぬ世にしあれば」〈徒然・二五〉
普通ではない。いつもと違っている。
「殊に母がなげきも―◦ず」〈浮・武家義理・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つねならず【常ならず】

( 連語 )
一定でない。無常だ。変わりやすい。 「飛鳥川の淵瀬-・ぬ世にしあれば/徒然 25
いつもと違っている。ふだんのとおりでない。 「大地震ないふること侍りき。そのさま、よの-・ず/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常ならずの関連キーワード巡り・回り・廻り中野村正覚坊飛鳥川方丈記生祠塩法向背心掟

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android