コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥川 あすかがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛鳥川
あすかがわ

奈良県中部,竜門山地高取山付近に源を発し,北流して明日香村橿原市横断,奈良盆地中部で大和川に合流する川。長さ約 28km。飛鳥宮跡古社寺などのある古文化地帯を流れ『万葉集』をはじめ多くの歌に詠まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あすか‐がわ〔‐がは〕【飛鳥川】

奈良県中部を流れる川。高取山に源を発し、畝傍(うねび)山天香具山の間を流れ、大和川に注ぐ。昔は流れの変化が激しかったので、定めなき世のたとえとされた。また、同音の「明日」の掛け詞枕詞としても用いた。[歌枕
「世の中はなにか常なる―昨日の淵ぞ今日は瀬になる」〈古今・雑下〉
「―明日も渡らむ石橋の遠き心は思ほえぬかも」〈・二七〇一〉
謡曲。四番目物金剛喜多流世阿弥作。母に生き別れた少年友若は、飛鳥川のほとりで尋ねる母に再会する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あすかがわ【飛鳥川】

奈良県北西部の川。もと明日香(あすか)川とも記した。高市郡明日香村南東部の山地に源を発し,畝傍うねび)山と天香久(あまのかぐ)山の間を流れ,明日香村,橿原(かしはら)市,田原本(たわらもと)町を貫流して,川西町大和川に流入する。その間約22.3km。上流は急こう配のため多くの滝や淵をつくるが,冬野川を合わせる明日香村祝戸付近から流れは緩やかとなり,東岸には石舞台古墳板蓋宮(いたぶきのみや)跡,飛鳥寺跡などの遺跡がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あすかがわ【飛鳥川】

奈良県北西部、竜門山地に源を発し、明日香地方を流れて大和川に注ぐ川。昔は流れがよく変わったので、古歌に無常な世にたとえられ、また「明日」にかけて用いられた。⦅歌枕⦆ 「世の中はなにか常なる-きのふの淵ぞけふは瀬になる/古今 雑下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥川
あすかがわ

奈良県中部を流れる川。竜門(りゅうもん)山地の高取山(584メートル)に源を発し、北流して橿原(かしはら)市で畝傍山(うねびやま)と天香具山(あめのかぐやま)の間を流れ、奈良盆地のほぼ中央、生駒(いこま)郡安堵(あんど)町で大和(やまと)川に合流する。延長28キロメートル。古代にはほぼ明日香村祝戸(いわいど)付近から橿原市飛騨(ひだ)町付近までを飛鳥川と称していたといわれる。上流域は古代の文化地域で宮跡や古社寺が多く、『万葉集』『古今集』などに数多く詠まれている。現在、川幅は狭く平凡な中小河川であるが、古くから灌漑(かんがい)用水として利用されており、上流はいまなお清澄で風情に富む。「世の中はなにか常なるあすか川昨日の淵(ふち)ぞ今日は瀬になる」(『古今集』読人(よみびと)しらず)などは有名である。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飛鳥川の関連キーワード成り代わる・為り変わる・成り代る・為り変る奈良県磯城郡川西町昨日の淵は今日の瀬飛鳥稲淵宮殿跡飛鳥・明日香明日香[村]飛鳥/明日香飛鳥京跡苑池田原本[町]三宅[町]明日は淵瀬大官大寺跡酒船石遺跡川西[町]南淵請安飛鳥京跡水落遺跡川原寺跡会席料理蘇我馬子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android