コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常世の神 トコヨノカミ

デジタル大辞泉の解説

とこよ‐の‐かみ【常世の神】

[連語]常世の国2の神。長寿・富などを授けるとされる。
「太秦(うつまさ)は神とも神と聞え来る―を打ち懲(きた)ますも」〈皇極紀・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とこよのかみ【常世の神】

常世の国の神。常世の国より人間世界に現れ、長寿・富・幸福をもたらすと考えられていた。 「太秦うずまさは神とも神と聞えくる-を打ち懲きたますも/日本書紀 皇極

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

常世の神の関連キーワード大生部多秦河勝鞫ます

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android