コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太秦 うずまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太秦
うずまさ

京都市右京区の一地区。旧村名。 1931年京都市に編入地名は,朝鮮半島から渡来した (はた) 一族がここに住んでいたことに由来。弥勒菩薩で有名な広隆寺がある。西高瀬川沿いには江戸時代以来,製材所が多い。映画撮影所があり,75年観光用の映画村が開設された。近郊農業地域であったが,近年は市街地化が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うずまさ〔うづまさ〕【太秦】

《古くは「うつまさ」とも。雄略天皇のとき、秦酒公(はたのさけのきみ)が賜った禹豆麻佐(うつまさ)に由来する》京都市右京区の地名。朝鮮から渡来した秦(はた)氏の居住した地で、氏寺として建立された広隆寺がある。昭和初期に映画産業の中心の一つとなり、現在は映画村がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太秦【うずまさ】

京都市右京区の一地区。古代,渡来人の秦(はた)氏一族の居住地で,秦河勝が創建した広隆寺がある。京福電鉄嵐山線が通じ,映画の撮影所があり,製材工場も多い。
→関連項目右京[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うずまさ【太秦】

京都市右京区の地名。現在は御室(おむろ)川の西側,双ヶ岡(ならびがおか)南西の東西約2km,南北約1.5kmの範囲の65町を指し,ほとんど全域が市街化している。北半部は低位洪積段丘上,南半部は沖積平野であり,京都盆地北西部最大の横穴式石室をもつ蛇塚古墳(史)などの前方後円墳広隆寺は段丘端付近に立地している。太秦付近一帯は,平安京西郊にあたり,その造営に貢献した秦(はた)氏の根拠地と考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うずまさ【太秦】

京都市右京区の地名。五世紀頃、朝鮮から渡来した秦はた氏の居住した地。広隆寺こうりゆうじ、映画撮影所がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕太秦(うずまさ)


京都府京都市右京区にある地名。
古く秦(はた)氏の拠点。代表的な映画産業の地で、各社の撮影所のほか、一般に公開している東映太秦映画村もある。広隆(こうりゅう)寺は有名。

〔京都府〕太秦(うずまさ)


京都市右京(うきょう)区の中部を占める地区。太秦を冠した83町がある。平安京造営前、渡来人の秦(はた)氏一族が居住したとされる地。秦氏が建立した広隆(こうりゅう)寺、松竹東映などの撮影所がある。東映の映画村は一般に公開されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太秦
うずまさ

京都市右京区の一地区。平安京遷都前から渡来人秦(はた)氏一族の居住した所。地名は酒公(さけのきみ)の姓、禹豆満佐(うずまさ)に由来する。秦河勝(かわかつ)が建立した広隆寺(こうりゅうじ)には、京都最古の仏像の弥勒菩薩(みろくぼさつ)像をはじめ、国宝、重要文化財の仏像が蔵されている。JR山陰本線、京福電鉄嵐山(あらしやま)線が通じ、現在は右京区役所があり、洛西(らくせい)工業地域として、機械、染色などの諸工業が発達する。また日本の映画産業の一中心をなし、東映撮影所に置かれた映画村は観光客の人気を集めている。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太秦の言及

【鳴滝組】より

…その意味では戦後のフランスの〈ヌーベル・バーグ〉,とくに映画研究誌《カイエ・デュ・シネマ》の批評家出身のグループに似た存在であったかと思われる。当時,鳴滝の近くの太秦(うずまさ)や嵯峨には,日活,帝キネ,千恵蔵プロ,マキノ,寛寿郎プロの撮影所があり,8人はそれぞれ所属の撮影所は違ったが,お互いにその仕事を助け合った,と脚本家の三村伸太郎は述懐している。 〈梶原金八〉の名で彼らがめざしたものは,時代劇と現代劇が画然と区別されていた当時の〈時代劇映画の窮屈な形式から自由になること〉で,〈せりふは思いきって平明な現代語〉を使い,〈映画の題材に転換をこころみ〉,〈偶像化された英雄主義から,庶民が主体性をもつ〉新しい時代劇を生み出すことであった。…

【日本映画】より

…その後,東京向島に新スタジオを建てて目黒を閉鎖(1913),また京都でも法華堂から大将軍の新スタジオに移って(1916),以後,向島・大将軍の時代がつづいたが,関東大震災後,向島撮影所が閉鎖された(1923)。やがて大将軍撮影所が京都太秦(うずまさ)多藪町の新スタジオへと移転し(1929),東京調布の元日本映画株式会社の多摩川撮影所を買収(1934),日活は太秦・多摩川の時代に入った。しかし,42年,戦時下の映画新体制による統制によって,日活は大映(大日本映画製作株式会社)へと統合され,太秦撮影所,多摩川撮影所ともに大映撮影所となった。…

【秦氏】より

…その際,本宗家は大和でなく,山背(やましろ)国の葛野(かどの)郡,紀伊郡を基盤としていた。《姓氏録》にも山城国諸蕃に秦忌寸,左京諸蕃に太秦宿禰を記している。太秦(うずまさ)とは,酒公が朝廷に絹をうず高く積んだのでその名があるというが,山背より京に本貫を移した秦氏の別称であろう。…

※「太秦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太秦の関連キーワード京都府京都市右京区太秦東蜂岡町大阪府寝屋川市太秦高塚町京都・太秦の撮影所からす天狗うじゅ加茂川 緋佐子京都市営地下鉄東映太秦映画村道永入道親王兼次(1)右京[区]箸蔵 善龍オードリーもみじゅ深山正虎太秦供康かちん太摩多羅神中谷昌代浅間昇子箸蔵善竜

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太秦の関連情報