コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常世長胤 とこよ ながたね

2件 の用語解説(常世長胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常世長胤 とこよ-ながたね

1832-1886 幕末-明治時代の国学者,神道家。
天保(てんぽう)3年生まれ。平田銕胤(かねたね)にまなぶ。維新後,宣教使の講義生,芝大神宮祠官(しかん),教部省中録などをへて神宮教山形県本部長となるが,管長の田中頼庸(よりつね)と対立し辞職。明治19年3月19日死去。55歳。名ははじめ常住敬吉。著作に「神教組織物語」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常世長胤

没年:明治19.3.19(1886)
生年:天保3(1832)
明治前期の平田派国学者。下野国(栃木県)都賀郡壬生に住み,はじめ常住敬吉と称したが,のち常世長胤と改めた。慶応2(1866)年に平田篤胤の没後の門人となり,維新後は神祇官内宣教師に出仕。次いで芝大神宮祠官や教部省中録,山形県使,神宮教(伊勢神宮の神官を中心として組織された神道系宗教)山形県本部長などを歴任したが,神宮教管長の田中頼庸と対立して職を追われた。国学者として,あるいは神祇,宗教官僚としての業績にみるべきものはないが,その回顧談である『神教組織物語』は明治前期の神道史,宗教行政史研究の古典となっている。

(阪本是丸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常世長胤の関連キーワード河野守弘高田派平田彦三石川暮人影山禎太郎関本平八田代善吉藤平謹一郎平田氏安平田長房

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone