コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常庵竜崇 じょうあん りゅうそう

1件 の用語解説(常庵竜崇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常庵竜崇 じょうあん-りゅうそう

1470-1536 室町-戦国時代の僧。
文明2年生まれ。東常縁(とう-つねより)の子。臨済(りんざい)宗。京都建仁(けんにん)寺の正宗竜統(しょうじゅう-りゅうとう)に師事し,その法をつぐ。薩摩(さつま)の大願寺,京都の真如(しんにょ)寺をへて,永正(えいしょう)14年建仁寺住持となる。詩文をよくした。天文(てんぶん)5年9月5日死去。67歳。別号に角虎道人,寅闇(いんあん)。著作に「寅闇詩集」「角虎道人文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

常庵竜崇の関連キーワード木幡雅遠希雲楚見笑顔正忻昌地提室智闡伝葉善迦芳郷光隣卜有楊富驢雪鷹灞

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone