コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正宗竜統 しょうじゅう りゅうとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正宗竜統 しょうじゅう-りゅうとう

1428-1498 室町-戦国時代の僧。
正長(しょうちょう)元年生まれ。東益之(とう-ますゆき)の子。臨済(りんざい)宗。建仁(けんにん)寺の瑞巌竜惺(ずいがん-りゅうせい)に師事し,その法をつぐ。江西竜派(こうぜい-りゅうは)らの教えもうける。建仁寺,南禅寺の住持をつとめた。また四六文希世霊彦(きせい-れいげん)にまなんだ。明応7年1月23日死去。71歳。山城(京都府)出身。別号に蕭庵(しょうあん),禿尾(とくび)。著作に「禿尾長柄帚」「禿尾鉄苕帚」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正宗竜統の関連キーワード正長ポライウオロ[兄弟]ルイ12世士禍ブロアバロア朝明応の地震ルイ(12世)ルネサンス史(年表)称光天皇

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone