コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常染色体異常 じょうせんしょくたいいじょう

家庭医学館の解説

じょうせんしょくたいいじょう【常染色体異常】

 常染色体異常の代表的なものはトリソミー症候群(同一染色体が3本ある状態)で、21トリソミー症候群(ダウン症候群)、13トリソミー症候群、18トリソミー症候群などがあげられます。
 これらの症候群の病因は、過剰なトリソミー染色体にあります。そのために、胎生(たいせい)発達の異常を通じて特有の病像(びょうぞう)(病気の様態)がつくられます。もっとも基本的な点は、問題となる染色体が病像に一致して存在することです。
 トリソミーには、標準型トリソミーのほかに、転座(てんざ)型トリソミー、欠失(けっしつ)(欠損)をともなった過剰染色体による部分トリソミー、トリソミーのモザイク、ほかの常染色体または性染色体異常を合併した二重の染色体異常などがあります。
 常染色体異常は、それぞれの症候群ならびに他の常染色体異常散発例を含めても、かなり共通の臨床像(医師が観察する病気のようす)を示します(相互転座の保因者は例外)。それは、①精神発達遅滞(せいしんはったつちたい)、②外表の形態異常、骨格あるいは内臓の形態異常、③指紋(しもん)・掌紋(しょうもん)、足底紋(そくていもん)の異常などです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

常染色体異常の関連キーワードその他の染色体異常アルツハイマー病猫鳴き症候群先天性疾患

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android