常用型派遣(読み)ジョウヨウガタハケン

デジタル大辞泉の解説

じょうようがた‐はけん〔ジヤウヨウがた‐〕【常用型派遣】

労働者派遣の形態の一つ。派遣会社が常時雇用している労働者のみを派遣するもので、派遣就業の終了後も、派遣会社と労働者の雇用関係は継続する。
[補説]平成27年(2015)の労働者派遣法改正以前は、常用型派遣のみを行う場合を「特定労働者派遣事業」、それ以外を「一般労働者派遣」と呼んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android