コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字兵衛(1世) ときわずもじべえ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字兵衛(1世)
ときわずもじべえ[いっせい]

[生]天保10(1839)
[没]1906
常磐津節の三味線方。初め太夫となり,八十太夫と名のったが,のち三味線方に転向,八十松と称した。万延1 (1860) 年岸沢派が分離独立したとき,常磐津文字兵衛と改名。その後立三味線として活躍した。晩年に文佐と改めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

常磐津文字兵衛(1世)の関連キーワードデグロンタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)児童雑誌アメリカ音楽セザンヌのアトリエファリエール

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android