コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字兵衛(初代) ときわず もじべえ

2件 の用語解説(常磐津文字兵衛(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津文字兵衛(初代) ときわず-もじべえ

1839-1905 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)10年生まれ。はじめ常磐津節の太夫(語り手)で常磐津八十(やそ)太夫,のち三味線方にうつり岸沢八十松。5代岸沢式佐が分離独立した際にのこり常磐津姓となり,文久2年文字兵衛と改名,翌年立三味線となる。晩年は文佐と称した。明治38年1月16日死去。67歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本名は富坂文字兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常磐津文字兵衛(初代)

没年:明治38.1.16(1905)
生年:天保10(1839)
江戸後期から明治にかけての常磐津節の三味線方。本名富坂文字兵衛。はじめ太夫で八十太夫,のち三味線方に転じて八十松。万延1(1860)年常磐津・岸沢の分裂で常磐津姓の三味線方となり,文久2(1862)年9月文字兵衛を名乗る。翌年6代目小文字太夫の立三味線となり,その没後は2代目松尾太夫(のち初代常磐津林中)の三味線方を勤める。両派分裂時の常磐津派の新作浄瑠璃の多くは,この人の作曲であろう。晩年は文佐を名乗る。

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常磐津文字兵衛(初代)の関連キーワード御蝦蛄毛巻常磐津常磐津文字太夫岸沢式佐(5代)佐々木市蔵(初代)常磐津文字太夫(2代)常磐津文字兵衛(2代)常磐津若太夫(5代)常磐津若太夫(6代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone