コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常設スワップファイル じょうせつすわっぷふぁいる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

常設スワップファイル

仮想メモリー機構を実現するために必要なスワップファイルをあらかじめディスクの物理的に連続した固定領域に確保することで、高速なスワップを実現するためのWindows 3.1の機能。 常設スワップファイルを設定しなくても、スワップファイルを通常のファイルとして一時的に使用することもできるが、ディスクのフラグメントが多いと、アクセスが遅くなってしまう。この点常設スワップファイルでは、物理的に連続した領域を使用するので、フラグメントの影響を受けない。 Windows Ver.3.1では、Windowsカーネルがプロテクトモードから直接スワップファイルをアクセスできるようにした32ビットディスクアクセスがサポートされるようになった。この32ビットディスクアクセスを利用するには、常設スワップファイルを必ず設定する必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android