コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセス アクセス

8件 の用語解説(アクセスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクセス

ネットワークやシステムに接続すること。あるいは、記憶装置からデータを読み出したり、書き込んだりすることも指す。アクセスポイントは、無線LANネットワークに接続するための中継器、または、インターネットサービスプロバイダーにおける基地局のこと。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

アクセス

利用するために接近する、というような意味です。アクセス対象になるものは、パソコン内のファイルドライブのほか、インターネット上の各種サーバーなど多種多様です。ファイルやドライブの場合は「開く」、インターネットの場合は「接続する」と言い換えることもできます。また、マイクロソフトオフィスに含まれるデータベース・ソフトの名前でもあります。
⇨オフィス、データベース・ソフト

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アクセス(access)

[名](スル)
接近すること。また、交通の便。「アクセスの良い場所」
コンピューターで、メモリー記憶装置に対してデータの読み出しや書き込みを行うこと。
ネットワークや通信回線などを使って他のコンピューターに接続すること。
(Access)⇒マイクロソフトオフィスアクセス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アクセス

誉田哲也による小説。2003年、第4回ホラーサスペンス大賞にて特別賞受賞。2004年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アクセス【access】

インターネットLAN(ラン)などのコンピューターネットワークを介して、他のコンピューターやサーバーに接続すること。また、コンピューター内のフォルダーファイルハードディスクなどの周辺機器を利用する際にも用いられる。

アクセス【Access】

Microsoft Access(マイクロソフトアクセス)」の別称。⇒Microsoft Access

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アクセス

正式社名「株式会社アクセス」。英文社名「Accés Co., Ltd.」。情報・通信業。平成6年(1994)設立。本社は大阪市西区江戸堀。独立系システムインテグレーター。自社開発ソフトによりシステム構築・経営管理などを提案。導入後の保守サービスも行う。JASDAQ旧上場。平成21年(2009)上場廃止

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アクセス【access】

( 名 ) スル
情報システムや情報媒体に対して接触・接続を行うこと。
コンピューターで、記憶装置や周辺機器にデータの書き込みまたは読み出しをすること。
ある場所へ行く経路。目的地までの交通手段。また、交通の利便性。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクセスの関連キーワードホットキーエロス地下権休養乗用窃用幅寄せ眉睫乳用牛産業上の利用可能性

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクセスの関連情報