Windows 3.1(読み)うぃんどうずさんてんいち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows 3.1
うぃんどうずさんてんいち

1992年にマイクロソフト社から発売されたパソコン用オペレーティングシステム(OS)。GUIを備える。英語版のみであったWindows 3.0からの大規模アップグレードで、同時に日本語バージョンも発表された(1993)ため、日本で初めて普及したWindows OSとなった。TrueTypeフォント(ビットマップフォントを内包したアウトラインフォント)、OLE(Object Linking and Embedding、異なるアプリケーションソフト間でコピーアンドペーストなどの連携を可能にする機能)、マルチメディア(音声・動画)の再生機能、MS-IME(かな漢字変換機能)などの新機能を採用し、普及を始めていたMac OSをはじめとする、GUIを搭載した他のOSに対抗できる機能を備えていた。ただし、起動時にCD-ROMをはじめとする機器のデバイスドライバーや日本語を表示するためのフォント・ドライバーをMS-DOS上で読み込む必要があるなど、動作はコンベンショナル・メモリー(MS-DOSにおける利用可能なメモリー領域で640キロバイト)による制限を受けていた。

 当時、日本のPC市場はNECのPC-9801シリーズが独占的であった。対して、IBM互換機上で動き、日本語をサポートする3.1は、日本語環境をハードウェア込みで実装の9801と異なり、安価に開発、販売できた。これにより、日本におけるWindowsの普及が始まり、実質後継OSであるWindows 95のヒットの下地となった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows 3.1

1992年にマイクロソフトが発表したパソコン用のOS。GUI環境に加えて、OLETrueTypeフォントの採用、擬似マルチタスクをサポートする。Windows 3.1の起動にはMS-DOSが必要だったことから、MS-DOSのGUI環境であるともいえる。1993年、日本でもWindows 3.1が発売されると広く普及した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ウィンドウズさんてんいち【Windows 3.1】

マイクロソフトが1992年に発売したパソコン向けオペレーティングシステムWindowsシリーズのひとつ。同社のMS-DOS(エムエスドス)に続き、PC/AT互換機のオペレーティングシステムとして幅広く普及した。単体では動作せず、MS-DOSと合わせてGUI環境を提供。また、仮想メモリーや疑似的なマルチタスク機能も採用された。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android