コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常設査問所 じょうせつさもんじょquaestiones perpetuae

1件 の用語解説(常設査問所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常設査問所
じょうせつさもんじょ
quaestiones perpetuae

共和制ローマの常置の刑事裁判所。属州統治機関の不当徴収を審理裁判するために前 149年に初めて設置されたが,のちに不敬罪 maiestas,聖物窃盗罪 sacrilegium,国有財産奪取罪 peculatus,遺言,証書,通貨,度量衡に関する偽罪 falsum,選挙に関する不正行為 ambitus,殺人罪 sicariusなどについて,それぞれ査問所が常設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone