証書(読み)しょうしょ

精選版 日本国語大辞典「証書」の解説

しょう‐しょ【証書】

〘名〙
① ある事柄が事実であることや権利義務関係などを証明する文書証文証状
※読本・昔話稲妻表紙(1806)三「母さまの手形をすゑて証書(シャウショ)を渡し」
② =しょうけん(証券)②〔英和商業新辞彙(1904)〕
※善心悪心(1916)〈里見弴〉「彼は定期預金の証書(ショウショ)懐中にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android