証書(読み)しょうしょ

精選版 日本国語大辞典「証書」の解説

しょう‐しょ【証書】

〘名〙
① ある事柄が事実であることや権利義務関係などを証明する文書証文証状
※読本・昔話稲妻表紙(1806)三「母さまの手形をすゑて証書(シャウショ)を渡し」
② =しょうけん(証券)②〔英和商業新辞彙(1904)〕
※善心悪心(1916)〈里見弴〉「彼は定期預金の証書(ショウショ)懐中にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「証書」の解説

しょう‐しょ【証書】

ある事実を証明するための文書。公正証書私署証書などがある。「卒業証書」「借用証書
証券」に同じ。
[類語]証明書証文念書一札

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android