証書(読み)ショウショ

デジタル大辞泉 「証書」の意味・読み・例文・類語

しょう‐しょ【証書】

ある事実を証明するための文書公正証書私署証書などがある。「卒業証書」「借用証書
証券」に同じ。
[類語]証明書証文念書一札

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「証書」の意味・読み・例文・類語

しょう‐しょ【証書】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ある事柄が事実であることや権利義務関係などを証明する文書。証文。証状
    1. [初出の実例]「母さまの手形をすゑて証書(シャウショ)を渡し」(出典:読本・昔話稲妻表紙(1806)三)
  3. しょうけん(証券)〔英和商業新辞彙(1904)〕
    1. [初出の実例]「彼は定期預金の証書(ショウショ)懐中にして」(出典:善心悪心(1916)〈里見弴〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android