コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終審 しゅうしんletzte Instanz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

終審
しゅうしん
letzte Instanz

審級制度における最終の審級。現在の三審制度のもとでは,第3がこれに該当する。民事訴訟においては,原則として最高裁判所が終審となるが,例外的に高等裁判所が終審となる場合もある。この場合には,憲法問題についてのみさらに最高裁判所の判断を受ける機会が与えられる (特別上告特別抗告) 。刑事訴訟では最高裁判所が終審である。なお,行政機関は終審として裁判することができない (憲法 76条2項) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐しん【終審】

審級制度における最終の審理。また、その裁判所。三審制のもとでは第三審

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしん【終審】

審級制度における最終の裁判所の審理。 「 -裁判所」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

終審の関連キーワード佐世保市小6女児同級生殺害事件バルナ国際バレエコンクール世界ジオパークと浦富海岸全国高校新聞コンクール高等法院[大日本帝国]テニュアトラック制国際連合行政裁判所ミス日本コンテスト違憲立法審査制度タフ・ベール事件ファイナリストマカオ返還協定サン・ローランホンコン基本法違憲立法審査権部分判決制度覚田しずく鳥居坂46常設査問所終審裁判所

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終審の関連情報