コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幡瀬川邦七郎 はたせがわ くにしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幡瀬川邦七郎 はたせがわ-くにしちろう

1905-1974 大正-昭和時代の力士。
明治38年6月1日生まれ。昭和3年入幕。最高位関脇。15年引退。身長170cm,体重85kgの小兵の技能派力士で「相撲の神様」とよばれた。伊勢ケ浜部屋の年寄楯山(たてやま)として日本相撲協会理事をつとめた。横綱照国(てるくに)は娘婿。昭和49年5月12日死去。68歳。秋田県出身。本名は大野邦七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

幡瀬川邦七郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android