コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和問題懇談会 へいわもんだいこんだんかい

世界大百科事典 第2版の解説

へいわもんだいこんだんかい【平和問題懇談会】

1950年4月15日,東京上野の日本学術会議講堂に参集,声明〈全科学者に訴える〉の賛同者によって組織された科学者平和問題懇談会のこと。この会合には,学術会議会員の出隆末川博,上原専禄らの呼びかけで研究者135名が集い,〈戦争反対〉〈軍事基地提供反対〉〈学問・思想の自由擁護〉等を内容とする声明には会合に参加できなかった全国90名の研究者も賛同した。この時期,著名な学者が平和問題談話会をつくり意見を発表していたが,懇談会には広範な研究者が参加し,第2回総会は同年6月4日に東京駿河台の文化学院講堂で開かれ,大内兵衛戒能通孝らが講演,200余名の参会者は〈全連合国による講和の促進〉等の意見をまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平和問題懇談会の関連キーワード広田 重道高桑 純夫佐久間 澄丸山 真男

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android