コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今中次麿 いまなか つぎまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今中次麿 いまなか-つぎまろ

1893-1980 大正-昭和時代の政治学者。
明治26年4月9日生まれ。小野塚喜平次,海老名弾正(えびな-だんじょう)に師事。同志社大,九州帝大,広島大の教授,佐賀大,北九州大の学長をつとめた。昭和55年7月26日死去。87歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「政治学序説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今中次麿
いまなかつぐまろ
(1893―1980)

政治学者。広島県生まれ。1918年(大正7)東京帝国大学政治学科卒業。牧師海老名弾正(えびなだんじょう)に従いキリスト者として積極的に活動したが、同時に小野塚喜平次、吉野作造に師事して政治学研究の道を進み、同志社大学教授、九州帝国大学教授などを歴任。時局批判を行ったため第二次世界大戦末期には辞職のやむなきに至った。戦後にはふたたび九州大学はじめ多くの大学で研究教育にあたり、一貫して政治科学の確立に努力した。彼は、第一次大戦後の国際平和への望みが共産主義対ファシズムの対決によって失われつつある緊張状況を直視することによって、当初の新カント主義的方法二元論の批判から、やがて唯物的一元論へと進んだ。のちに「危機神学」(弁証法神学)に学び、マルクス的知識社会学を確立したK・マンハイムに基づいて、理念と経験を総合する政治科学の体系化に努めた。著書は『政治学における方法二元論』(1928)、『独裁政治論』(1935)、『西洋政治思想史』全2巻(1951)など。日本政治学会理事長などの要職も歴任した。[竹原良文]
『『今中次麿政治学論集』全7巻(1978・御茶の水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今中次麿の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫[各個指定]芸能部門アイスホッケー[各個指定]工芸技術部門ウェンツェル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone