コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平塚為広の娘 ひらつか・ためひろのむすめ

朝日日本歴史人物事典の解説

平塚為広の娘

生年:生没年不詳
戦国・安土桃山時代の武家の女性。父為広は豊臣秀吉の家臣で腕っ節が強かったが,その父に劣らず大力の持ち主であった。関ケ原の戦で父が戦死,京都に潜んでいたところを所司代板倉勝重に探知され,ふたりの息子を乳母に託して捕らえられる。護送途次,武士数人を死傷させ,その馬に乗って逃亡したと『明良洪範』は伝えている。

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

平塚為広の娘の関連キーワード生年

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android