コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山常陳事件 ひらやまじょうちんじけん

世界大百科事典 第2版の解説

ひらやまじょうちんじけん【平山常陳事件】

堺の朱印船主でキリシタン平山常陳の船が1620年(元和6)イギリス,オランダ両国防衛船隊のために拿捕(だほ)され,キリシタン宣教師2名のマニラから日本への密航が摘発された事件。2年に及ぶ審問の結果,22年8月常陳と宣教師の3名は火刑,他の乗組員12名は斬首刑に処せられたが,これは,その翌月宣教師とキリシタン55名が長崎で処刑された,いわゆる元和(げんな)大殉教の序幕であった。【五野井 隆史】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

平山常陳事件の関連キーワード元和大殉教ズニガ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android