コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山常陳 ひらやま じょうちん

2件 の用語解説(平山常陳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山常陳 ひらやま-じょうちん

?-1622 江戸時代前期の貿易商。
キリシタン。朱印船で呂宋(ルソン)(フィリピン)貿易に従事。元和(げんな)6年マニラから日本潜入をはかるふたり宣教師をのせて帰国の途中,イギリス艦に捕らえられる。ふたりの身分がわかり,元和8年7月13日長崎でともに火刑に処された。この事件はのちの鎖国強化の一因となった。和泉(いずみ)(大阪府)出身。洗礼名はディアス

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平山常陳

没年:元和8.7.13(1622.8.19)
生年:生年不詳
朱印船貿易家,キリスト教徒。堺出身。京都でイエズス会士トルレスから受洗。洗礼名ディアス。元和6(1620)年,貿易家として居を定めていたマニラからアウグスチノ会スニガドミニコ会フロレスとを乗船させて日本に向かう途中,台湾沖で英蘭連合艦隊に捕らえられた。日本船への英蘭の不法行為とする平山らと,英蘭両商館のある平戸の松浦氏との対立にまで,この事件は拡大した。だが,スニガが宣教師であることを自白したために,長崎で共に火刑に処された。これを平山常陳事件という。のちの幕府鎖国強化の一要因となった。<参考文献>コリャド『日本キリシタン教会史補遺』(井手勝美訳),岡田章雄「平山常陳事件」(『岡田章雄著作集』3巻)

(浅見雅一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の平山常陳の言及

【平山常陳事件】より

…堺の朱印船主でキリシタンの平山常陳の船が1620年(元和6)イギリス,オランダ両国防衛船隊のために拿捕(だほ)され,キリシタン宣教師2名のマニラから日本への密航が摘発された事件。2年に及ぶ審問の結果,22年8月常陳と宣教師の3名は火刑,他の乗組員12名は斬首刑に処せられたが,これは,その翌月宣教師とキリシタン55名が長崎で処刑された,いわゆる元和(げんな)大殉教の序幕であった。…

※「平山常陳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

平山常陳の関連キーワード財政投融資福山港安東省庵上田城コリャード信長記スピノラ千宗室立入宗継支倉常長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone