コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田精耕

2件 の用語解説(平田精耕の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平田精耕

臨済宗の僧。大正13年(1924)京都生。京大文学部哲学科卒。花園大教授。『夢窓』『禅からの発想』等の著作がある。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田精耕 ひらた-せいこう

1924-2008 昭和-平成時代の僧。
大正13年8月26日生まれ。昭和8年生家の臨済宗(りんざいしゅう)天龍寺塔頭松巌寺で得度。ドイツハイデルベルク大留学をへて,昭和42年天龍寺派宗務総長。46年花園大教授。55年禅文化研究所理事長,平成元年同所長。3年臨済宗天龍寺派管長・天龍寺住職に就く。理論家として知られ,国際派の宗教家として禅の普及につくした。著作に「禅からの発想」「雪月花つれづれ」「活人禅」など。平成20年1月9日死去。83歳。京都府出身。京大卒。本名は平田高士。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平田精耕の関連キーワード大川栄二久保田真苗木暮剛平重田保夫白髪一雄千田夏光東中光雄松本作衛村田全山寺秀雄

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone