コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平窯 ひらがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平窯
ひらがま

窯の様式の一つ。平坦なところに,1辺2~3mぐらいの方形の穴を掘って造ったものをいう。周辺は粘土で壁をつくり,一方に焚口,他方に煙出しをつくる。底面にはうね状のものが何本かつくられ,焚口のほうは若干低くなっており,火はそのうねの低いところを通る。瓦窯跡に多く発見される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の平窯の言及

【窯】より

…これは炎の性質を巧みに利用する優れた窯で,改良されてさまざまの形式を生み,またひろく東アジア各地に普及した。漢代以後の中国では,北部の窯は平地に築かれた平面が馬蹄形の平窯,南部では傾斜地に築かれた竜窯系の窯が一般的であるが,製品の質や燃料の種類等によって変化があり,南北の差異は一概にはいえない。たとえば明・清代の景徳鎮窯は南方にありながら竜窯系の窯ではなく,基本は平窯で,平面は細長い形をした特殊な形式である(景徳鎮)。…

【瓦窯】より

…造瓦所に属する施設の一部であり,ほかに瓦製作に従事する工人の作業所である〈瓦屋〉〈造瓦屋〉〈瓦竈屋〉などと一体となって工房を形成していた。瓦窯には構造によって登窯(のぼりがま)と平窯(ひらがま)とがある。登窯の名称は,製陶用の窯に関して従来から陶芸家や研究者の間でそう呼ばれているもので,その構造は傾斜面に沿って下から上に向かって地表に数室を連続させた連房式となっている。…

※「平窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平窯の関連キーワード伊良湖東大寺瓦窯跡乙女不動原瓦窯跡吉志部瓦窯跡日高山瓦窯址西賀茂瓦窯址奈良山瓦窯跡水殿瓦窯跡片山廃寺跡奥磯 栄麓額田部窯跡毛原廃寺跡二ノ宮窯跡七尾瓦窯跡岸部瓦窯址栗栖野瓦屋二宮窯址加藤景豊八戸焼瓦窯窯址

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平窯の関連情報