コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平等主義社会 びょうどうしゅぎしゃかいegalitarian society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平等主義社会
びょうどうしゅぎしゃかい
egalitarian society

特定の個人または少数の特権階級に権力が集中することなく,生物学的な最小限の差異 (性・年齢差) を除いては,個人が社会的にも経済的にも対等である社会。おもに遊動生活を行なう狩猟採集民の社会が該当する。このような社会では,一般的互酬性の原則に基づく分配が貫かれていること,遊動生活を送ること,流動性が高い社会組織を形成することなどから,食糧保存や過度の蓄財は制限され,特定個人への威信,富の集中が妨げられる。つまり,生態・社会・文化のシステム全体が社会を平準化する機構 leveling mechanismとして機能している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平等主義社会の関連情報