コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平群郎女 へぐりの いらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平群郎女 へぐりの-いらつめ

?-? 奈良時代の歌人。
大伴家持(おおともの-やかもち)をめぐる女性たちのうちのひとりとおもわれる。天平(てんぴょう)18年(746)以降,越中守であった家持におくった歌12首が「万葉集」巻17におさめられている。
【格言など】万代(よろづよ)と心は解けてわが背子(せこ)が拊(つ)みし手見つつ忍びかねつも(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone