コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背子/兄子/夫子 セコ

4件 の用語解説(背子/兄子/夫子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せ‐こ【背子/兄子/夫子】

女性が男性を親しんでいう語。
㋐夫や恋人をさす語。
「我が―にまたは逢はじかと思へばか今朝の別れのすべなかりつる」〈・五四〇〉
㋑兄弟姉妹の間で兄または弟をさす語。
「我が―を大和へ遣るとさ夜ふけて暁(あかとき)露に我が立ち濡れし」〈・一〇五〉
男どうしが互いに親しんでよぶ語。
「我(あれ)なしとなわび我が―ほととぎす鳴かむ五月(さつき)は玉を貫(ぬ)かさね」〈・三九九七〉

はい‐し【背子】

奈良時代、女子が礼装の際に着用した袖のない短い上衣。のちには、短い袖をつけた。唐衣(からぎぬ)の前身。
唐衣の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はいし【背子】

奈良時代、女性が礼装の際着用した袖のない短い上衣。短い袖をつけたものもある。中国から伝わったもので、唐衣からぎぬの前身。
唐衣の別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

背子
はいし

古代貴族階級の衣服の一種。奈良時代から平安時代初期に着用された女子朝服の内衣で、冬期に袍(ほう)の下、衣(きぬ)の上に着た袖(そで)なしの短衣。しかし袍はほとんど用いられなかったため、背子が最上衣として使われた。正倉院蔵、伎楽呉女(ぎがくごじょ)の短衣が背子にあたると考えられているが不明である。背子を着た姿は、神像彫刻として著名な薬師寺仲津姫像、松尾大社女神像などがある。『延喜式(えんぎしき)』によると平絹でつくられた。平安時代中期以降、朝服の和様化とともに、身丈や身幅が長大化し、幅は狭いが袖をつけ、唐衣(からぎぬ)と名称を変えて用いた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の背子/兄子/夫子の言及

【唐衣】より

…いわゆる十二単(じゆうにひとえ)の最上層に(も)とともに用いられた短衣で,袖幅も短くできている。これを〈からぎぬ〉と称するのは,奈良時代に行われた唐式の服装における背子(はいし)の意味であるとし,また胴(から)衣の意であるともいわれる。しかし平安時代の女房装束が,おおよそ奈良朝の唐式服装の変化したものである以上,これには用いられた背子がその根源をなすと考えるのが至当であろう。…

※「背子/兄子/夫子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

背子/兄子/夫子の関連キーワード阿父小父さん小母さん坊さん御爺御兄御姉御姉さん祖父さん祖母さん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone