コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平群鮪 へぐりの しび

2件 の用語解説(平群鮪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平群鮪 へぐりの-しび

記・紀にみえる豪族。
平群真鳥(まとり)の子。平群真鳥(まとり)の子。「日本書紀」によると,物部影媛(もののべの-かげひめ)をめぐって小泊瀬(おはつせの)皇子(のちの武烈天皇)と争いの歌をかわした。そのなかで小泊瀬に影媛との関係を知られ,乃楽山(ならやま)で大伴金村(おおともの-かなむら)に殺されたという。「古事記」には名は志毗とあり,菟田首(うだの-おびと)の娘大魚を袁祁命(おけのみこと)(のちの顕宗(けんぞう)天皇)と争ったという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平群鮪

歌を交わすことで男女が求婚しあう,歌垣伝承中に出てくる人物。名は志毘とも書く。真鳥の子。小泊瀬皇子(のちの武烈天皇)は物部麁鹿火の娘影媛を娶ろうと媒人を遣わしたが,先に鮪によっておかされた影媛は海柘榴市(桜井市)の巷で待ちますとのみ答えた。小泊瀬は市の歌場に立ち,影媛の袖をとっていざなったところ,鮪が両者の間を排したので争いの歌が交わされた。その結果,鮪と影媛の関係を悟った小泊瀬は激しく怒り,大伴金村に命じて鮪を乃楽山(奈良市)で,さらに真鳥を自宅で殺させたという。『古事記』では【G7EDF田首/うだのおびと】の娘大魚をめぐって,志毘が袁祁命(のちの顕宗天皇)と争ったことになっており,また真鳥の名は出てこない。

(佐藤長門)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平群鮪の関連キーワード枝を交わす語らい言葉を交わす契りを交わす情けを交わす羽を交わす枕を交わす言交す心を交わすしげ・る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone