コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平群真鳥 へぐりの まとり

4件 の用語解説(平群真鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平群真鳥 へぐりの-まとり

日本書紀」にみえる豪族。
平群木菟(つく)の子。雄略天皇から仁賢(にんけん)天皇までの4代にわたり大臣(おおおみ)として政治をつかさどった。仁賢天皇の死後,太子(のちの武烈天皇)のためといつわって宮殿をつくり自分がすむなど,専横の振る舞いがあったとして,大伴金村(おおともの-かなむら)に討たれたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平群真鳥

5世紀末の雄略朝から仁賢朝にかけての政治家。大臣。鮪の父。仁賢天皇の死後,太子(のちの武烈天皇)のために宮を造ると称して自ら住み,国政を専らにして臣節をわきまえることがなかった。太子が官馬を求めても,承るだけで実行せず,子の鮪も太子が娶ろうとした影媛を先におかしたため,大伴金村により真鳥は自宅を囲まれて焼き殺されたという。その際,広く塩を指して呪ったが,角鹿(敦賀市)の塩だけ呪い忘れたので,以後角鹿の塩が天皇の食物になったとされる。ただ以上の真鳥に関する伝承は『古事記』にはみえず,信憑性には疑問が残る。<参考文献>辰巳和弘「平群氏に関する基礎的考察」(『古代学研究』64,65号)

(佐藤長門)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へぐりのまとり【平群真鳥】

5世紀後半~6世紀初頭の大臣(おおおみ)。生没年不詳。奈良盆地西部の有力豪族平群氏の出身で,《日本書紀》によると,雄略天皇のときに大臣となり,雄略の子清寧天皇,それにつづく顕宗,仁賢両天皇の時代にも大臣の地位を占めた。しかし仁賢の没後即位した武烈天皇と対立したため,王位をねらい,その子鮪(しび)は武烈の許婚者の物部麁鹿火(あらかび)の女影媛をうばったとして,武烈は大連(おおむらじ)の大伴金村に2人を殺させたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平群真鳥
へぐりのまとり

古代豪族平群氏の代表的人物。『日本書紀』には、雄略朝から武烈朝まで「大臣(おおおみ)」を連任したとある。平群氏は、大和国平群郡平群郷(現、奈良県生駒郡平群町)付近に本拠地があった有力豪族。『古事記』孝元天皇段に武内宿禰(たけしうちのすくね)の子、平群都久(木兎)(つく)宿禰が見え、『日本書紀』はこれを平群氏の始祖とする。木兎宿禰は、『日本書紀』に仁徳天皇(名は大雀・大鷦鷯(おおささぎ))と同日に生まれ、産屋に飛び込んだ鳥の名を交換して名づけたという伝説がある。平群氏の朝廷における実力を窺わせる。平群真鳥は、履中朝に国事を執ったとする木兎宿禰の後をうけて、雄略朝以降、大臣として国政にあたったとあり、武烈朝での専断を咎められ、大伴金村(おおとものかなむら)により殺されたとある。『日本書紀』は、真鳥が死にあたって、海の塩を呪ったので、天皇は真鳥が呪い忘れた敦賀(つるが)の塩のみしか食することができなくなったとする。『古事記』は、真鳥のことは全く載せず、『日本書紀』に真鳥の子とする鮪(しび)の物語のみを載せている。木兎・真鳥・鮪など、人名に鳥や魚の名を採用するなど、伝説的な記事が多く、史実に基づいた記録ではなく、実在性も疑われる。ただ、「臣」をカバネとするなど、大和政権において有力な豪族であったことは、間違いないところであろう。[大橋信弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平群真鳥の関連キーワード仁賢天皇皇親政治仁賢摂関時代ターレル達延汗ベルエポック刀に懸けてもБургас大伴室屋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone