コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平行軸の定理 へいこうじくのていりtheorem of parallel axis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平行軸の定理
へいこうじくのていり
theorem of parallel axis

剛体の1つの軸,および重心を通ってこの軸に平行な軸に関する慣性モーメントI および IG のとき,この2つの慣性モーメントの間の関係式 IIGMh2 を平行軸の定理という。ただし,M は剛体の質量,h は両軸の間の距離である。この式から,平行な軸に関する慣性モーメントのなかで重心を通る軸に関するものが最小であることがわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の平行軸の定理の言及

【慣性モーメント】より

… 物体の重心を通る軸のまわりの慣性モーメントをI0,その軸に平行でdだけ離れた軸のまわりの慣性モーメントをIとすると,II0Md2という関係がある。Mは物体の質量で,この関係を平行軸の定理という。IMκ2とおいてκを回転半径と呼ぶこともある。…

※「平行軸の定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平行軸の定理の関連キーワードシュタイナーの定理(慣性能率)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android