コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平象眼 ヒラゾウガン

デジタル大辞泉の解説

ひら‐ぞうがん〔‐ザウガン〕【平象眼】

象眼技法の一。地金を彫って他の金属をはめ込み、表面を平らにしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらぞうがん【平象眼】

象眼の一種。地の表面を彫り下げ、金属をはめこんで地の面と平らにしたもの。 → 高象眼

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平象眼の関連キーワード加賀象眼・加賀象嵌象眼・象嵌村上如竹埋忠明寿加賀象眼渋谷安福高象眼彫金象眼

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android