コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野友道 ひらの ともみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野友道 ひらの-ともみち

?-? 江戸時代後期の装剣金工。
初代一柳友善(ひとつやなぎ-ともよし)の次男。分家独立する。平埜友道作,平埜友道(花押)と銘し,寛政7年(1795)8月銘の縁(刀の柄口(つかぐち)の金具)がある。58歳で没した。常陸(ひたち)(茨城県)出身。通称は三左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android