平野祭(読み)ひらのまつり

世界大百科事典 第2版の解説

ひらのまつり【平野祭】

京都市北区に鎮座する平野神社の例祭。平安時代以来,毎年4月と11月の上申日に行われた。《延喜式》においては小祀と定められている。祭りの起源は,延暦弘仁年間(782‐824)とも仁寿~貞観年間(851‐877)ともいわれるが未詳。皇室への守護を祈願する祭りとして,《弘仁式》には皇太子みずから参向して奉幣することが定められている。《延喜式》では,これに桓武天皇の外祖父母にあたる大江氏,和(やまと)氏の氏人らが見参する規定が加わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android