茂木(読み)もぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茂木
もぎ

長崎県南部,長崎市の中部の旧町域。橘湾 (千々石湾) に面する。 1962年長崎市に編入茂木びわの特産地として知られるが,近年はミカン園が増加。茂木漁港は沿岸一本釣り漁業の基地で,生簀料理店が多く,長崎市郊外の高級料飲街をなす。天草下島富岡港 (熊本県苓北町) との間に定期航路がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

もてぎ【茂木】

栃木県南東部、芳賀はが郡の町。那賀川中流と支流の逆川流域で、葉タバコを栽培。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕茂木(もぎ)


長崎市南東部の港町。橘(たちばな)湾(千々石(ちぢわ)湾)に面する。「茂木ビワ」で知られるビワの産地で、出荷量は全国一を誇る。底引き網・延縄(はえなわ)漁が行われる。天草下(あまくさしも)島北西部の苓北(れいほく)町の富岡(とみおか)港へのフェリー便が発着する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂木
もぎ

長崎市南東部の一地区。旧茂木町。長崎の中心市街地へは田上(たがみ)峠を経て、茂木街道を通ずる。橘(たちばな)湾に面し、天草(あまくさ)の富岡(とみおか)港へはフェリーを通ずる。半農半漁の地区で、ビワの出荷量は全国第1位で、茂木ビワの名で知られる。原木碑によれば、約150年前、中国南部から伝わった種子を地元の女性三浦シオ(1818―1897)が育てたという。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茂木の関連情報