コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遥拝 ヨウハイ

デジタル大辞泉の解説

よう‐はい〔エウ‐〕【×遥拝】

[名](スル)遠くへだたった所から拝むこと。「東方に向かって遥拝する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようはい【遥拝】

( 名 ) スル
遠く離れた所から神仏などをはるかにおがむこと。 「畝傍山右手に見ゆ車上ながらも-し奉りて/千山万水 乙羽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遥拝の関連キーワード佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群伏し拝む・伏拝む園比屋武御嶽宗像神社境内知念城跡駒形神社富士信仰大神神社井伏鱒二中城城跡千山万水石鎚神社石灰の壇檜垣常晨伯方島水天宮鳥居峠伏拝む東方

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遥拝の関連情報