コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江氏 おおえうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江氏
おおえうじ

土師氏の分派で,初めは大枝氏を称したが,学者として知られた大江音人のときから大江に改めた。一説には平城天皇の子孫ともされる。平安時代,大江音人以後代々にわたり学者,文人が輩出して大いに家名をあげた。なかでも千里,維時,匡房などは最もよく知られている。また,大学寮文章院東曹を大江音人が管理して以来,歴代これを継ぎ,西曹を管理した菅原氏とともに文章道をにない,学生を養成した。鎌倉開幕に功のあった大江広元も,匡房の曾孫匡範 (北小路家の祖) の弟で,武士の毛利氏などはこの末流である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大江氏【おおえうじ】

平安時代以後,文章(もんじょう)道家学にした家。もとは土師(はじ)氏。790年大枝朝臣(おおえのあそん),866年大江と称す。音人(おとんど)以来匡衡(まさひら)・匡房らの学者が輩出,菅原氏(菅家(かんけ))と並んで江家(ごうけ)と呼ばれた。
→関連項目松浦荘六韜三略

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおえうじ【大江氏】

790年(延暦9),桓武天皇の外祖母の一族土師(はじ)氏に大枝朝臣の姓を賜ったのに始まる氏族。菅原氏と同祖である。866年(貞観8),さらに大江に改める。一方,平城天皇皇子阿保親王の後裔とする説がある。すなわち《尊卑分脈》《大江氏系図》などには,大江音人(おとんど)の父本主を阿保親王の子とする。また音人を直接阿保親王の子とする《続本朝往生伝》などもある。このことについては,年齢関係から音人は親王の孫ではありえないが,親王の実子である音人が大江本主の養子となり,大江氏を名のるようになったのか,あるいは大江氏が家系を尊くするために後世皇胤として造作したものか,いずれとも決めがたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江氏
おおえうじ

もと大枝氏。山城国(やましろのくに)(京都府)乙訓(おとくに)郡大江郷の地名に由来する。790年(延暦9)12月桓武(かんむ)天皇の勅に、天皇の外祖母氏である土師宿禰(はじのすくね)に大枝朝臣(あそん)賜姓のことがみえ、866年(貞観8)10月氏人の改姓を求める上書をいれ、大江氏と改めた。音人(おとんど)、千里(ちさと)、千古(ちふる)、匡衡(まさひら)、匡房(まさふさ)など著名な歌人や学者を輩出している。『尊卑分脈(そんぴぶんみゃく)』や『本朝皇胤紹運録(ほんちょうこういんじょううんろく)』『大江氏系図』などでは大江氏の出自を平城天皇(へいぜいてんのう)の皇子阿保親王(あぼしんのう)の系とし、平城天皇―阿保親王―大枝本主(もとたか)―大江音人としているが、これは大江氏が自家の家系を尊くしようとした作為によるもので、『公卿補任(くぎょうぶにん)』に音人について先祖本姓土師とあるのが正しい。[森田 悌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大江氏の言及

【兵法】より

…古代の兵法は中国伝来のもので,《司馬法》《孫子》《八陣書》《太公六韜》《兵書論要》など多くの兵書が舶載されており,《日本書紀》の天智紀には兵法に閑(なら)える者に授位した記事がみえる。奈良時代では唐に留学した吉備真備(きびのまきび)が兵法にくわしく,平安時代では学者の家として著名な大江氏が歴代兵法を伝え,大江匡房(まさふさ)は源義家に秘法を授けたという。 しかし兵法の諸流派が喧伝されるようになったのは幕藩体制下軍学(兵学)が興隆してからである。…

※「大江氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大江氏の関連キーワード慈恩寺(山形県)左沢楯山城跡寒河江[市]米沢(市)大江(町)本朝文粋大江朝綱大江匡衡大枝流芳寒河江市大江親広大江維時寒河江城大江千里高野新笠金王盛俊牛欄鑑心大江匡房御成始出羽国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大江氏の関連情報