小祀(読み)ショウシ

大辞林 第三版の解説

しょうし【小祀】

律令制で、当日だけ斎戒して行う祭祀。相嘗あいんべ・鎮魂・道饗みちあえなど。 → 中祀大祀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐し セウ‥【小祀】

〘名〙 令制で、一日間斎戒して神事を行なう祭祀。相嘗(あいんべ)・鎮魂・鎮花・道饗(みちあえ)の類。大祀・中祀に対していう。
※令義解(718)神祇「凡一月斎為大祀。三日斎為中祀。一日斎為小祀

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android