コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平面直角座標系 へいめんちょっかくざひょうけい

1件 の用語解説(平面直角座標系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平面直角座標系
へいめんちょっかくざひょうけい

測量法(昭和24年法律188号)で定める測量基準の座標系の一つ。国土交通省告示(平成14年告示9号)では,日本の国土を 19地区に区分,地区ごとに定めた原点を通る経線を中央経線とし,その上における縮尺係数(→地図の縮尺)を 0.9999としたガウスクリューゲル図法(→横メルカトル図法)を用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

平面直角座標系の関連キーワード単元株制度民事再生法生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造中浦ジュリアン国連生物多様性条約会議オウム真理教事件契丹文字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone