年内立春(読み)ネンナイリッシュン

大辞林 第三版の解説

ねんないりっしゅん【年内立春】

陰暦で12月のうちに立春がくること。 〔閏うるう月のある年は必ず年内立春であった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の年内立春の言及

【立春】より

…暦法上では冬至を11月のうちに置くということが基本になっているので,その約45日後にくる立春は12月15日から正月15日の間におさまって平均すれば元旦立春ということになる。12月のうちに立春がくることを年内立春という。頻度からいうと新年立春より年内立春のほうがわずかではあるが多い。…

※「年内立春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android