コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年増法

保険基礎用語集の解説

年増法

標準下体契約に対する取扱い方法の一つです。被保険者の危険の程度に合わせ、実際の年齢一定の年齢を加えた年齢をもって契約年齢とし、この年齢の保険料を徴収する方法です。なお、この方法においては、顧客に悪いイメージをもたれる事により現在はあまり用いられていないのです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

年増法の関連キーワード標準下体保険

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android