コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年増法

1件 の用語解説(年増法の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

年増法

標準下体契約に対する取扱いの方法の一つです。被保険者の危険の程度に合わせ、実際の年齢に一定の年齢を加えた年齢をもって契約年齢とし、この年齢の保険料を徴収する方法です。なお、この方法においては、顧客に悪いイメージをもたれる事により現在はあまり用いられていないのです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年増法の関連キーワード比較法点推定標準下体保険片務契約取扱い減感作三点試験法曝気酸化池法診査標準下体

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone