コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年市 ねんいち

百科事典マイペディアの解説

年市【ねんいち】

年に1〜2回開かれる定期市。一般に遠地商業の市で,おもに高価な商品が売買される。東洋・西洋の古代にもあったが,中世ヨーロッパでキリスト教の祭日と結びつき祭市(ドイツ語Messe,英語fair)として発達。
→関連項目見本市

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の年市の言及

【定期市】より

…中世末期以降,都市・店舗商業の発達がいちじるしい畿内では定期市はすたれていったが,地方では近世に入っても存続したものや新たに開かれたものも多い。【佐々木 銀弥】
[ヨーロッパ]
 中近世においては,原則として週1回開かれる週市と年1~2回開かれる年市があった。週市は日曜日のミサのあとや祭日に開かれることが多かった。…

※「年市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年市の関連キーワードノボクイブイシェフスクノボシャフチンスククラスノウラリスクチンシー(津市)市クラスノカムスククラスヌイスリンスベトロゴルスクアルトドルファーカーメンナオビコリチューギノソスノゴルスクランツクルーナジュコフスキーシャドリンスク神戸市立博物館ラメンスコエソリゴルスクオスタシコフエルモラエボオトラドヌイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年市の関連情報