コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年市 ねんいち

1件 の用語解説(年市の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

年市【ねんいち】

年に1〜2回開かれる定期市。一般に遠地商業の市で,おもに高価な商品が売買される。東洋・西洋の古代にもあったが,中世ヨーロッパキリスト教の祭日と結びつき祭市(ドイツ語Messe,英語fair)として発達。
→関連項目見本市

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の年市の言及

【定期市】より

…中世末期以降,都市・店舗商業の発達がいちじるしい畿内では定期市はすたれていったが,地方では近世に入っても存続したものや新たに開かれたものも多い。【佐々木 銀弥】
[ヨーロッパ]
 中近世においては,原則として週1回開かれる週市と年1~2回開かれる年市があった。週市は日曜日のミサのあとや祭日に開かれることが多かった。…

※「年市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年市の関連情報