コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年市 ねんいち

百科事典マイペディアの解説

年市【ねんいち】

年に1〜2回開かれる定期市。一般に遠地商業の市で,おもに高価な商品が売買される。東洋・西洋の古代にもあったが,中世ヨーロッパでキリスト教の祭日と結びつき祭市(ドイツ語Messe,英語fair)として発達。数週間開かれ,見本市や博覧会の源流をなす。→週市メッセ
→関連項目見本市

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の年市の言及

【定期市】より

…中世末期以降,都市・店舗商業の発達がいちじるしい畿内では定期市はすたれていったが,地方では近世に入っても存続したものや新たに開かれたものも多い。【佐々木 銀弥】
[ヨーロッパ]
 中近世においては,原則として週1回開かれる週市と年1~2回開かれる年市があった。週市は日曜日のミサのあとや祭日に開かれることが多かった。…

※「年市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年市の関連情報