年金投資基金信託(読み)ねんきんとうしききんしんたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年金投資基金信託
ねんきんとうしききんしんたく

信託会社が受託している多数の適格年金信託で,調整年金の信託金だけを運用することを目的として設けられた,一種の閉鎖的な合同運用指定金銭信託。個々の年金信託の直接投資による場合に比べ,危険の分散,運用効率の向上,事務コストの低減がはかれる。その仕組みは,「適格年金信託および調整年金の受託者としての信託会社」が委託者兼受益者となって,その年金資産を利殖することを目的として「年金投資基金信託の受託者としての信託会社」との間に信託契約を結ぶかたちをとる。種類は運用対象別に,株式口,貸付金口,政府保証債口,公社債口,金銭債権信託受益権口,動産信託受益権口,不動産信託受益権口などがあり,いずれも期間は無期限である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android