コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託契約 しんたくけいやく

大辞林 第三版の解説

しんたくけいやく【信託契約】

委託者が所有する財産を受託者に移転し、一定の目的(信託目的)に従い、受託者にその財産の管理・処分をさせる契約。営業信託においては、書面での契約が必要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

投資信託の用語集の解説

信託契約


投資信託の組成をするに当って投資信託委託会社と受託銀行が結ぶ契約のこと。日本の契約型投資信託は、信託制度に基づいていて、信託財産の運用・指図を行う委託者と信託財産の保管管理を行う受託社が投資信託契約を結び、その成果を受益者に還元する形で運営されている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

信託契約の関連キーワードミューチュアルファンド信託法・信託業法改正ファンド・トラスト信託契約代理店制度日本音楽著作権協会年金投資基金信託厚生年金基金保険従業員持株信託国有地信託制度緑の気候基金安田信託銀行知的財産信託整理回収機構野村信託銀行特定金銭信託改正信託業法株式投資信託証券投資信託ペット信託受託者責任

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信託契約の関連情報