信託契約(読み)しんたくけいやく

投資信託の用語集「信託契約」の解説

信託契約


投資信託組成をするに当って投資信託委託会社受託銀行が結ぶ契約のこと。日本の契約型投資信託は、信託制度に基づいていて、信託財産運用指図を行う委託者と信託財産の保管管理を行う受託社が投資信託契約を結び、その成果受益者に還元する形で運営されている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「信託契約」の解説

しんたく‐けいやく【信託契約】

〘名〙 信託法に定める信託行為のうち、契約によるもの。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「宗男爵は信託契約(シンタクケイヤク)といふものの厳密な内容を知らないだけに、とんだ大味噌をつけたのであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android