コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託契約 しんたくけいやく

2件 の用語解説(信託契約の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しんたくけいやく【信託契約】

委託者が所有する財産を受託者に移転し、一定の目的(信託目的)に従い、受託者にその財産の管理・処分をさせる契約。営業信託においては、書面での契約が必要。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集の解説

信託契約


投資信託の組成をするに当って投資信託委託会社受託銀行が結ぶ契約のこと。日本の契約型投資信託は、信託制度に基づいていて、信託財産の運用・指図を行う委託者と信託財産の保管管理を行う受託社が投資信託契約を結び、その成果を受益者に還元する形で運営されている。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信託契約の関連キーワード投資信託契約型投資信託公社債投資信託解約請求スポット型投資信託定時定型投資信託直接販売外貨建て投資信託受託銀行投資信託説明書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信託契約の関連情報