信託契約(読み)しんたくけいやく

大辞林 第三版の解説

しんたくけいやく【信託契約】

委託者が所有する財産を受託者に移転し、一定の目的(信託目的)に従い、受託者にその財産の管理・処分をさせる契約。営業信託においては、書面での契約が必要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

投資信託の用語集の解説

信託契約


投資信託の組成をするに当って投資信託委託会社と受託銀行が結ぶ契約のこと。日本の契約型投資信託は、信託制度に基づいていて、信託財産の運用・指図を行う委託者と信託財産の保管管理を行う受託社が投資信託契約を結び、その成果を受益者に還元する形で運営されている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信託契約の関連情報