コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広告効果 こうこくこうかadvertising effectiveness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広告効果
こうこくこうか
advertising effectiveness

広告支出による需要曲線右方へのシフト効果をいう。その計量的な把握,すなわち広告効果測定はきわめて困難で,実際には広告による種々の中間項的な段階への効果が測定され,それ以後は他の要素との協働により販売高をもたらすものと考えられるのが通例である。測定の主たるものは,(1) 知覚効果の測定 広告が人々の視聴覚にどの程度到達し訴えているか (視聴率調査など) ,(2) 記憶・認知効果の測定 広告による記憶の程度で,知名度・注目率調査など,(3) 理解度の測定 広告内容がその意図どおりに理解されているかどうか,広告によってブランドの知名率,理解度,好感度,購入意図などがどれくらい消費者に形成されたか,(4) 購買動機への効果の測定 購買動機に対し広告やプレミアム・キャンペーンなどがどの程度刺激を与えたか,などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

広告効果の関連キーワードデマンドサイドプラットホームビュースルーコンバージョンプロダクトプレイスメントリーチ・フリークエンシーリーダーシップ・スコアソーシャルリスニングサーキュレーションエーシーニールセンメディア・ミックスインターネット広告プレゼンテーションネーミング・ライツダグマー・モデルリスティング広告広告キャンペーンオプトインメールタキストスコープサブリミナル広告クリックスルー鎖骨スポンサー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広告効果の関連情報