コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右方 ウホウ

百科事典マイペディアの解説

右方【うほう】

右方の舞,右舞などとも。雅楽の舞楽のうち朝鮮系統のもの。左方に対する。舞人は緑色を基調とした装束をつけ,伴奏音楽には高麗楽(こまがく)を用いるのを原則とする。番舞(つがいまい)といって左方の曲と組み合わせて舞う曲が決まっており,それを左方の曲に対する答舞(とうぶ)という。
→関連項目雅楽還城楽納曾利抜頭

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うほう【右方】

舞楽を分類する上での用語で,左方に対する。東アジア諸国から伝来した楽舞は,平安時代には宮廷行事などでしばしば演奏された。当時の近衛府左右から成っていたが,舞楽もそれらの制度にあわせて左方と方という対照的な2分類が進められた。一般に仁明朝の〈楽制改革〉と称されている雅楽再編成の重要なポイントである。宮廷における左右の扱いと同様,優勢であった中国系統の唐楽は左方に,朝鮮系統の高麗(こま)楽は右方に配され,宮廷行事などでは舞楽が左右一対で演奏された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うほう【右方】

右の方。 ↔ 左方
「右方高麗楽こまがく」「右方の楽」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の右方の言及

【舞楽】より

…少なくとも現在では,各地域別の個性よりも,この2分類によるスタイルの相違のほうが,舞,音楽ともに強く定着している。一方,舞楽上演の際,唐楽と高麗楽とを対(つい)にして演じたり,これを左方(さほう),右方(うほう)の楽舞に分類して儀式に用いたり,勝負事の催しに,勝った側の楽舞を行ったりするようになった。現在,唐楽系のほとんどの舞楽曲が,いわゆる左舞(さまい)に属し,高麗楽系のすべての舞楽曲が右舞(うまい)に属している。…

【舞楽装束】より

…頭装は,精好紗に黒漆をかけ下部を白布で縁どりした〈揉立烏帽子(もみたてえぼし)〉で,履物はふつう牛革を黒漆で塗り固めた浅い形の〈烏皮沓(うひぐつ∥くりかわくつ)〉を用いる。
[舞楽装束]
 唐楽(とうがく),高麗楽(こまがく)等,外国から伝承した舞楽に用いる装束の総称で,襲(かさね)装束(別名唐(とう)装束,常(つね)装束とも),蛮絵(ばんえ)装束,別装束,童(わらべ∥わらわ)装束の4種があり,それぞれに左方(さほう)(唐楽系),右方(うほう)(高麗楽系)の別があって,左方はおもに赤系統の色,右方は青・緑系統の色のものが多い。(1)襲装束 中国唐代の遺制と思われるもので,舞楽の大半はこの装束を使用している。…

※「右方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右方の関連キーワード納蘇利・納曽利・納曾利駒取り・小間取りトップニュース左大神・左大臣番舞い・番舞陪臚・倍廬林歌・臨河後方・後右方の楽左方の舞右方の舞大太鼓右の方三韓楽抱え扇胡徳楽本勝手真網陪臚右翼

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右方の関連情報