コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋光成 ひろはし みつしげ

1件 の用語解説(広橋光成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋光成 ひろはし-みつしげ

1797-1862 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
寛政9年1月26日生まれ。広橋胤定(たねさだ)の子。文政7年参議兼左大弁。弘化2年権(ごんの)大納言,のち従一位,准大臣。議奏をへて,安政4年武家伝奏(てんそう)となり,外交・和宮降嫁などをめぐって公武間の調停につとめた。文久2年閏(うるう)8月6日死去。66歳。日記に「後勁槐(ごけいかい)記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広橋光成の関連キーワードサイゴン条約黒住教蔀関月松亭金水アガルマトライト松亭金水アフリカ探検新内節有馬新七ウィリス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone